Welcome!

クレジットカード+ポイント活用術

クレジットカード+ポイント活用術

某大手ネットショッピングモール。これのクレジットカードを使っています。ショッピングモールでの買い物に使うたびにポイントが付与されるのはもちろん、それ以外の普通の支払いでもポイントがつくんです。それで、私は電気代等、毎月決まって支払うものはクレジットカードで支払い。そうすると、毎月結構ポイントがたまるんですね。

そのポイントは、そのままオンラインショッピングモールのお買い物で利用できます。最大手だけあって取り扱い商品は本当にたくさんありますから、「ポイントで欲しいモノがない」ということは全くありません。それに、オンラインショップでは必ず毎月買い物をします。たとえばネコのエサなどですね。そういうものに使えるので、生活必需品がタダでもらえちゃうような感覚です。それから、本はだいたい送料無料になっているので、必要な本をそこで買えば、せっかくのポイントの無駄遣いを防ぐこともできますよ!

そのかわり(?)注意点としては「ポイントが倍!」などというキャンペーンにそそのかされてお買い物をしないこと!ポイントを集めるのは楽しいですからこういうのってのせられちゃうんですよねえ。でも私は節約のためにポイントをためているので、そのために余分な買い物をしては本末転倒。できる限りぐっとガマンをします。

それから、そのオンラインショッピングモールでは、ポイントを集める楽しいゲームなどが用意されています。一日一回ひけるポイントクジなどもその一種。仕事の息抜きもかねてクジを引くのもたのしいものです。ま、ほとんど当たらないのですが……。

パソコンが使えない母の買い物も、私がかわりにしてあげています。そうすれば、ポイント分がお駄賃になりますからね!といいつつ……たまに「じゃあそれ買ってあげるよ」とポイントを母に使ってしまうこともありますが、それは親孝行。悪い事ではありませんよね(笑)。

どうせ同じように買い物をするなら出来るだけ安く買いたいと思って始めたオンラインショッピング。値段の比較がカンタンなのがリアルなお買い物より有利です。その上それでポイントがたまれば万万歳です。きっとみなさんそれぞれ賢いポイント術とかもってるんでしょうね?。主婦はこういうことに燃えるのです!

ヴェルファイアプリウスアルファ

方向音痴組

方向感覚に一抹の不安があります。地図があっても初めての場所にたどり着けないし、案内板があっても駅に行くことができません。得意げに言うことじゃないですけどね。こういう私のような人間にとっては「道をたずねる」ということがとても重要になります。つまり、本当にこのバスは、この電車は、私の行きたいところについてくれるのか。このビルの3階は改札階になっているのか。そのあたりのことを教えてくれる天使のごとき優しい人がいないことにはどこへも行くことができないのです。えぇ、人様の親切のない限りはどこへも。

そこで私たち「方向音痴組」の腕の見せ所は「誰に声をかけるか」という人間の見極めにかかってきます。優しい、そして道に詳しい人に声をかけられれば幸い、忙しくてとても道なんて教えていられない人に声をかけたら失敗です。私がよく使うのは①優しそうな仕事の人②忙しくなさそうなお店の人の二つです。

いくら優しそうでも声をかけた相手も私のように旅行者、観光客であったら「ごめんなさいねぇ。私も詳しくないのよぉ」なんてにこやかに言われるだけですから、どうしてもしょっちゅうそこへ来る人がいいことになります。住人かどうかを見極めるのは、実は場所によっては大変難しいのです。住宅街であればスーパーの袋を提げているかどうかとかでわかったりもしますが、たとえば劇場街だったりするとそもそも住人がほとんどいませんからね。となると次にそのあたりに詳しいのは働いている人ということになります。いくら他力本願の私でも、いきなり人にたずねたりはしません。地図や案内板と通りの名前を一生懸命見比べていると周囲の人の中にはこちらを「あ、道に迷ってるのかな?」みたいな顔で見ている人もいます。そういう人がいれば、その人に声をかけます。そんなに急がない外回りにお兄さんなんかは大変親切でよく教えてくれます。でも、通行の人にたずねるのはやはり胸が痛むので、コンビニでお茶か何か買って、そのついでにレジの人にたずねるのが一番いい気がしますね。お店側もそういう時の用意になのか、地図を持っていたりして場所によってはよくたずねられるのでしょう、実にわかりやすく教えてくれますから。

人の親切がないと生きていけない、方向音痴組なりのコツでした。